婚活を使いこなせる上司になろう

掘り炬燵の後を消し去るリフォーム

2016年5月 4日(水曜日) テーマ:リフォーム

子供の頃には頻繁に利用していた掘り炬燵。

居間にあったので、みんなで足を入れてテレビを見ていました。

でも、だんだんと椅子の生活へスイッチしたくなりました。

それは、両親の足腰が弱くなり、座る行為がことのほか大変になってしまったこと。

掘り炬燵は四方に人が座れるけれど、それ以上の人が座り辛くなる。

家族が増え、子供も大きくなってきたので、どうにもこうにも座れなくなってきました。

工務店の人に相談すると、2つの方法があって、ひとつはこたつ部分だけを塞いでしまう方法。

もう一方は、床の全面リフォームで無垢材を利用したフローリングがおススメと言われました。

それは、子供がアレルギー体質なので掃除が徹底し易くなるからだそう。

そこで、フローリング案を選択しました。

床を剥いで、利用可能な状態になるまで、2週間かかりました。

食事場所を変えたので、生活に少々不便が生じましたが、家族全員のワクワク度のほうが勝っていて、2週間もあっという間でした。

本当に掃除がしやすい!

そして、テーブル&椅子に全員が悠々楽々座れる!

当たり前のことですが、我が家にとっては画期的。

生活の質がグーンとアップした気がします。

フレッシュハウスの口コミと評判を調べました